リフトアップしてワイドタイヤを装着したなら
必要になってくるのが、オーバーフェンダーです。

リフトアップ量、タイヤサイズとホイールオフセット、そしてオーバーフェンダーのワイド量はセットで考える必要があります。 街中での走行ではタイヤハウスにヒットしなくても、オフロード走行時にはサスペンションがスイング(伸び縮み)しますので、縮んだ場合にはタイヤハウス内にタイヤが当たったりすることもあるのです

100mmオーバーフェンダー

再販ランドクルーザー76用/79用ともにラインアップしています。

デザインはオフロード4駆らしいアウターリベット留め風のデザイン。実際にリベットで固定するわけではないので、ボディに穴を開けることもありません。

フロントのオーバーフェンダーは、ボディ側とバンパー側をそれぞれ別売。

アフターパーツのバンパーに交換している場合でも無駄なく、購入することができます。


■100mmオーバーフェンダー


フロント(ボディー側):
本体価格¥55,500円(税別)
リヤ:
本体価格¥49,500円(税別)
フロント(バンパー部):
本体価格¥18,000円(税別)




75mmオーバーフェンダー



また、リアのみ75㎜ワイドのオーバーフェンダーを用意しました。
これは、純正よりワンサイズ大きな285サイズを装着してオフロードを走ると、サスペンションが縮んだ時、リアタイヤがタイヤハウス内に当たってしまいます。それを解消するために、リアのみをワイド化。ちなみにデモカーには『モンスターマジックZEROサスキット』を装着しています。



■75mmオーバーフェンダー


リヤのみ:
本体価格¥45,500円(税別)



NEXT → デモカー紹介:4ドアピックアップ | 3インチアップVerのページへ